スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「思いの所作」

たまちゃん2 jpg
                          あのさぁ・・・・

知ってると思うけど

「神」とか「悟り」とか言ってるのは、

単なる方便だよ。


その言葉を聴いた人、読んだ人「一人」

つまり、あるシチュエーションでの

あなた一人に対するメッセージな訳だ。

「神」とかいないし

「悟り」とかどこにもないよ

だって言葉に出来るものでないし

ましてや会話で単語として使うと音声としては同じだから

共通認識してると誤解しつづけるよ(し続けようとするよ)

ズレを知っていながらね、

だってそれらは、すこぶる玉虫色な表現なのだから。

だから「神」を理解していくと

「神」とか言わないし

「悟り」を理解すると

「悟り」とか言わない

少なくともそんなふうに

呼び名をつけたりしない。

そう呼んだ瞬間

必ず違う「モノ」になる。


そしてその違う「モノ」が産み出す

価値観とやらが

何をしでかしているのか

どんな不始末をやらかしているのか

きちんと正しく見ようともしない

たとえば

「自己犠牲」を外に観るなら

それは、100%偽善の思考体だ

犠牲を目的利用する、目的遂行志向は

それ自体が犠牲を生み出しているんだけど

生み出し続けているんだけど

自分で犠牲を作り出しておいて

目的も何もないだろう

その思いの振る舞いこそが

凶悪犯だよね

事実を見ればそうなる。

出来事をバラバラにしてから

価値観での結びつけ思考、再構成する志向は、

ソレ自体が「マッチポンプ」であり

「本末転倒」であり「主客転倒」なのだ。

それは、あなたがあなたに対する

ただ一度の「主客転倒」

が起きるまで続くのだ・・

それは、純粋にあなたのあなたによる

あなただけために起きる

「何か」

それは、とても「悟り」とか呼べないし

同時に「神」も消える

ごく普通の当たり前な

「何か」

に戻るには・・

自分の「思いの所作」を体現すること以外ないのだよ。

自分のと書いたけど

・・人間のいう処の「自分」はいないから。。。



そんでもって

真実に目覚めた時、全ての認識が逆転・変容する

「地球は・・単に
巨大猫トイレ

猫トイレ


      っていうか・・最初から真実しかねぇんだ・・









プロフィール

千葉真也

Author:千葉真也

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。